カテゴリー

営業日カレンダー
2017年9月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031


ミックス色鉛筆工場見学

用意するもの

  • ミックス色鉛筆10本

    販売価格税込1,296円

  • ミックス色鉛筆20本

    販売価格税込2,592円

カートに入れる

今回訪れた工場は老舗の鉛筆工場です!色鉛筆なんてどうやって作るの?なんて思ったことある方は意外に少なくないのではないでしょうか。今回もしっかり取材してきたので最後まで読んでみて下さいね!実は色鉛筆(普通の鉛筆も)、すご〜〜〜く手間がかかっている文房具なんです。これからも大切に使っていきましょう!

  • 溝付け
  • 芯入れ
  • 枠絞め
  • 乾燥
  • バラシ木工
  • 検品
  • 塗装
  • 芯出し
  • クイズ
溝付け
serif01 まず始めは木の材料に芯材を挟む溝を彫るところからです。まず筒状の木材を・・・・
って思ったそこのあなた!違うんです!色鉛筆は筒からつくりません。
まず大きなかまぼこ板のような板に芯の太さに合った溝を掘っていくところから鉛筆作りは始まるのです。
serif01_2 それでは早速・・・まず、板材に溝を彫る作業。板材は、カリフォルニア産のインセンスシダーがインドネシアで鉛筆サイズの板状に加工されて日本にやってきます。
serif01_3 機械を通すと(と言ってもほとんど手動です)さきほどの板にしっかりと溝が。板の表面に半円状の特別なかんなをかけて彫っていきます。
serif01_4 こちらがそのかんな。
数十種類ある芯の形状や、太さによって刃先を変えて行くのです。
serif01_5 芯の種類ってそんなにあるの?・・・
芯はロットによって0.01mm単位で微妙なばらつきがあるため、マイクロメーターで測ってから、刃の種類を決め、軸に彫る溝の大きさを調節します。さもないと芯が入らなかったリ、芯が抜けてしまったりするので、とても重要な作業なんですよ!
芯入れ
serif02_1 次は彫った溝に芯を入れ行く作業です。
束になった芯を上から板材に押し当て、それぞれの溝に当てはめていきます。
serif02_1 細かい作業ながら、熟練した職人さんが小気味よくこなしていく様子は見ていて気持ちがいいですね。
枠絞め
serif03_1 芯を板で上下から挟んで接着したら、数セット重ね、大きな万力のようなもので圧縮し、枠で固定して締めます。
serif03_2

ページの先頭へもどる

バックナンバー

  • 和ごむ
  • CamiAppS
  • 文具カフェ
  • ロールテーブルインタビュー
  • ロールテーブル工場見学
  • 透明クレヨン
  • 伝票工場見学
  • はかどりラベル
  • アルバム工場見学
  • 鉛筆工場見学
  • SCRAP BOOK工場見学
  • 測量野帳工場見学
  • かおノートで寄せ書き
  • 実録!伝説の測量野帳
  • ハリナックス ハロウィン AFTER REPORT
  • なりきりフェルメールセット
  • キャンパス工場見学
  • もっとキレイに撮り隊
  • 花粉対策、マスク収納術
  • ハリナックスde遊ぼう
  • 100人、100の野帳
  • コクヨ「ヤチョラー」に会いに行く
  • 測量野帳
  • ハリナックス ハロウィン
  • 麻ひもバッグでデコレーション
  • 家族みんなでデコ伝言板

ページの先頭へもどる