カテゴリー

営業日カレンダー
2016年7月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2016年8月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031


実録!伝説の測量野帳

用意するもの

  • 測量野帳
    レベル合成紙24枚

    販売価格税込453円

  • 測量野帳
    ブライトカラー
    耐水・PP表紙30枚黄

    販売価格税込518円

  • Orobianco
    フィールドノート
    Hard Cover

    販売価格税込518円

カートに入れる

すべてはある連絡から始まった・・・。

このコクヨのホンネは実際に起こった話に基づいている。主人公の羽太さんは現在も自然調査に精を出し、再会した野帳は現在も羽太さんが大切に保管している。

1.コクヨお客様相談室に入った電話。

「山でツキノワグマの調査中に重要な調査記録を記載した測量野帳(セ-Y11)を失くしました。それが1年5ヶ月経ったある日、同じ場所で友人が見つけてくれたんです。表紙は動物にかまれ穴だらけでしたが、中の記録は問題なく読み取れました・・・。」

2.真相を語る者

羽太 博樹   市民としての立場で活動する「丹沢ツキノワグマ研究会」の一員として、同志のメンバーとともに、神奈川県の丹沢山地にて、ツキノワグマの生息状況を調査している。また、現在、神奈川県自然環境保全センターの職員としてシカなどの野生動物の保護管理事業にも日々携わっている。

  • 今日はよろしくお願いいたします。早速お伺いしたいのですが、
    落としたときはツキノワグマの調査をされていたということですが、どんな調査だったんですか?
  • はい、あれは6月の蒸し暑い日、前の野帳を使い終わって、新しい野帳を使い始めた日でした・・・。
    私は仲間と丹沢の山の中で、クマの餌となる木の実の数を双眼鏡で数えたり、
    クマの爪痕や糞、餌を食べた痕跡などを探す調査をしていました。
    一日の調査を終え、山を下りて車に戻る途中で野帳を落としたんです。
  • 調査といいますとどのようなことを記していたのでしょうか。
  • こんなふうに歩いたルートのGPSの地点番号と、見つけた木の実の数や、クマの痕跡ですね。
    夏は意外と餌が少ないので、朽木を掘ってアリのさなぎを食べたりしていたようです。
    データ入力前のかけがえの無い記録だったので、何としても取り戻したかったんです。
    だから、懸賞をかけました。
  • け、懸賞ですか・・・?
  • 焼肉ですね。
  • あ、なるほど。そういう・・・。
    そのあと同じルートを通ったりはしなかったんですか?
  • ほぼ一月に1回同じルートで歩いていたので、通っていたはずなんです。
    GPSの記録通りに辿ったこともあったんですが見つからなかったですね
  • それが1年5ヶ月ぶりに発見されたんですね!
  • はい、実に13回目の調査後に見つかったのです。思っていたよりも下の方にありましたね。
    低い潅木が茂る辺りの獣道の上に、表紙と中紙がばらばらの状態で見つかったんです。
    表紙と中紙の間にある紙は失われていました。
  • 見つかったとき野帳はどんな様子でしたか?
  • 表紙はいろいろな動物に噛まれてぼろぼろでしたが、中身は意外なほどきれいでした。
    貴重な記録も読むことができました。
  • 見せていただけますか?
  • どうぞ。

バックナンバー

  • 和ごむ
  • CamiAppS
  • 文具カフェ
  • ロールテーブルインタビュー
  • ロールテーブル工場見学
  • 透明クレヨン
  • 伝票工場見学
  • はかどりラベル
  • アルバム工場見学
  • 鉛筆工場見学
  • SCRAP BOOK工場見学
  • 測量野帳工場見学
  • かおノートで寄せ書き
  • 実録!伝説の測量野帳
  • ハリナックス ハロウィン AFTER REPORT
  • なりきりフェルメールセット
  • キャンパス工場見学
  • もっとキレイに撮り隊
  • 花粉対策、マスク収納術
  • ハリナックスde遊ぼう
  • 100人、100の野帳
  • コクヨ「ヤチョラー」に会いに行く
  • 測量野帳
  • ハリナックス ハロウィン
  • 麻ひもバッグでデコレーション
  • 家族みんなでデコ伝言板

ページの先頭へもどる