カテゴリー

営業日カレンダー
2017年9月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031


roll table インタビュー

気にしないで、のびのび描けるノートがあればいいな

コクヨ
コクヨ(以下、コ):
お忙しい中、ありがとうございます。
遅くなりましたが、グランプリ受賞おめでとうございます!!
神戸意匠操練所
神戸意匠操練所(以下、神):
ありがとうございます。
コクヨ
さらに…、今回、長い年月を経て、「ロールテーブル」が無事にリリースされました。
おめでとうございます!!
神戸意匠操練所
ありがとうございます。
コクヨ
お買い求めはこちらまで。(さっそく)
> roll table 販売ページ

神戸意匠操練所さんのみなさんは、普段はどのようなことをされているのでしょうか?
神戸意匠操練所
子どもの成長とデザインの関係について調査研究をすることを目的に、
保育園のデザインや、メーカーとのコラボレーションによる家具の開発、
玩具店の隣で子どもたちにデザインを教える教室を開催したりしています。
くわしくはこちら。(さっそく)
> http://kobe-ishou.net
コクヨ
それでは、お互いの宣伝が終わったところでさっそくですが、
まずはじめに、今回のロールテーブルをデザインに行き着いた経緯を
お聞かせいただけますか?
神戸意匠操練所
メンバーの1人の実家が、子どもに絵を教える教室をしています。
自分たちもそこでワークショップを開いたりしているのですが、
そこで、子どもたちが初めに絵を描く時は、
意外とノートや紙に収めようと、こじんまりした絵を描くんですね。
「気にしないでのびのび描けるノートがあればいいな」
という話になり、目の前にトイレットペーパーがあり、
机の上や床に落書きをしてしまった、幼い頃の思い出から、
これがロールテーブルのはじまりです。
コクヨ
なるほど。
トイレットペーパーですか…。
受賞された「コクヨデザインアワード2011」のテーマは確か…
神戸意匠操練所
KOKUYO DESIGN AWARD 2011
Campus = 「学び」 のデザイン です。
コクヨ
そうです。今、喉まで出ていました。
その年は、応募作品総数は1,596点。3段階に渡る厳正な審査が行われました。

実際のプロの技には驚きました

コクヨ
制作にあたって、一番苦労したことは、
どのようなことでしょうか?
神戸意匠操練所
モックアップモデルの制作が非常に困難でした。
きちんと巻けない、たるみが出てしまう。
2週間毎日、学校で紙を巻くだけの日々が続きました。
いや、もちろん授業は出ていましたよ。(笑)
コクヨ
なるほど。
今回、製造を担当していただいたダイキ紙工さんも、
やはり同じところで苦労をされていました。
神戸意匠操練所
何度か工場へ伺わせていただき、その製造工程を確認させていただいたのですが…
実際のプロの技には驚きました。
「紙をたるみなくキレイに巻く」ことを
テーブルの芯材にわずかなアールをつけることで、紙のたるみを減らし
細かな設定が可能な古い機械を使って(新しい機械は細かな設定ができないため)、
紙を巻いていく。
自分たちでは足りなかった、製造部分での助けがあり、
製品化に辿り着きました。
> roll table製造の工場見学はこちら
コクヨ
当初より形状はほぼ変わらないですね。
他にブラッシュアップした点はありましたか?
神戸意匠操練所
アイデア段階では、芯材を段ボールなどでも試してみたかったんですが。
しかし、家具も作られているさすがコクヨさん。
安全性・耐性などを考慮して、合板になりました。
テーブルとしての機能性も大事ですので。

子どもがはじめて触れるキャンパスノートになってほしい

コクヨ
実際に完成品をご覧になっていかがですか?
神戸意匠操練所
子どもたちに使ってもらうと、本当にびっくりします。
自分たちデザイナーの想像を超えた使われ方をしていて、
自由な発想で、紙、ノートという枠を超えた事をして遊んでくれます。
コクヨ
単なるお絵かき帳で終わらないことがいいですよね。
神戸意匠操練所
今回のロールテーブル製品化プロジェクトによって
本当に一つ一つが自分たちの大切な勉強になりました。
「神戸意匠操練所」の名前のとおり、
勉強になり、自分たちも学ぶことができた。
コクヨ
神戸意匠操練所は、2014年2月にドイツの展示会ambienteに出展されるそうですね。
今後のご活躍、期待しております。
神戸意匠操練所
ありがとうございます。
コクヨ
最後に、この記事を見られた方、お買い上げくださった方へ
メッセージをいただけますでしょうか?
神戸意匠操練所
コンペディションのテーマの通り、
子どもがはじめて触れるキャンパスノートになってほしいと思います。
これから成長するに伴って、ノートであったりパソコンであったり、
さまざまな物で「学んで」いくことでしょう。
このロールテーブルが、その一番始めに触れる「キャンパスノート」になってくれて、
学びが楽しいものだと思ってもらえたら嬉しいですね。
幼稚園などで学びの支援となり、こどもたちを笑顔にできれば最高です。
コクヨ
貴重なお話、ありがとうございました。

ページの先頭へもどる

バックナンバー

  • 和ごむ
  • CamiAppS
  • 文具カフェ
  • ロールテーブルインタビュー
  • ロールテーブル工場見学
  • 透明クレヨン
  • 伝票工場見学
  • はかどりラベル
  • アルバム工場見学
  • 鉛筆工場見学
  • SCRAP BOOK工場見学
  • 測量野帳工場見学
  • かおノートで寄せ書き
  • 実録!伝説の測量野帳
  • ハリナックス ハロウィン AFTER REPORT
  • なりきりフェルメールセット
  • キャンパス工場見学
  • もっとキレイに撮り隊
  • 花粉対策、マスク収納術
  • ハリナックスde遊ぼう
  • 100人、100の野帳
  • コクヨ「ヤチョラー」に会いに行く
  • 測量野帳
  • ハリナックス ハロウィン
  • 麻ひもバッグでデコレーション
  • 家族みんなでデコ伝言板

ページの先頭へもどる