【臨時休業のご案内】
  平素はコクヨショーケースをご利用いただきありがとうございます。
  誠に勝手ながら、10月15日 13:31〜17:30の間は、ショップメンテナンスのため臨時休業させていただきます。
  申し訳ございませんが、休業中は「ご購入」していただくことはできません。
  お客様にはご不便およびご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。


カテゴリー

営業日カレンダー
2021年6月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリリスト
  • LINEで送る
HOW TO USE
“白と黒で書くノート”

コクヨデザインアワード2018で優秀賞を受賞し、2020年に商品化された「白と黒で書くノート」。灰色の紙に白と黒の文字を書く、ノートの新しい書き方や使い心地を提案し、大きな反響をいただいています。白と黒で書くという設定はありながらも、その分色々な使い方が考えられ、使い手に委ねる部分が多いノートです。今回はコクヨデザインアワードの審査員を務めるデザイナーやアーティストの皆さんに、自分だったらどのように使うか、試していただきました!

KIGI 植原亮輔・渡邉良重 「文字の形を探るのに良いかもしれない」

KIGI
植原亮輔
1972年北海道生まれ。多摩美術大学デザイン学科卒業。DRAFTを経て、渡邉良重とともに2012年にKIGIを設立。企業やブランドのアートディレクション、プロダクトデザインのほか、滋賀県の伝統工芸の職人達とブランド「KIKOF」を立ち上げ、オリジナルショップ&ギャラリー「OUR FAVOURITE SHOP」を運営するなど、クリエイションの新しいあり方を探し、活動している。展覧会やイベント等を企画し、クリエイションの発表の“場”を作る活動にも力を入れている。東京ADCグランプリ、東京ADC会員賞、第11回亀倉雄策賞等を受賞。2017年7月に宇都宮美術館で大規模個展「KIGI WORK & FREE」を開催。2018年、越後妻有アートトリエンナーレ2018 大地の芸術祭<方丈記私記>に「スタンディング酒BAR・酔独楽」を出品。
渡邉良重
1961年山口県生まれ。山口大学卒業。DRAFTを経て植原亮輔とともに2012年にKIGIを設立。グラフィックデザインのほか「D-BROS」の商品企画、ほぼ日とファッションブランド「CACUMA」、滋賀県の伝統工芸職人とプロダクトブランド「KIKOF」を立ち上げるなど、プロダクトやファッションデザインも手掛ける。プライベートでも制作を行い、展覧会の開催や作品の発表をしている。東京・白金にてショップ&ギャラリー「OUR FAVOURITE SHOP」を運営。絵本「BROOCH」「UN DEUX」「ジャーニー」や作品集「キギ/KIGI」「KIGI_M」をリトルモアより刊行。東京ADCグランプリ、東京ADC会員賞、第19回亀倉雄策賞など受賞。

まずノートを見せてくれたのは、植原亮輔さん。「色々描いているうちに、これいいなというのを見つけました」と試行錯誤の過程を説明してくれました。

植原亮輔さん(以下、植原)最初は身近にあった器を描いてみました。でもこれなら誰でもできると思って。せっかくだから自分なりの使い方を見つけるために、今度はバラを描いてみたけど、描きづらかったんです。

陶器とバラのデッサン。どちらもとても美しいのですが、違いはなんだったのでしょうか。

植原無機物と有機物の違いですかね。白と黒を使い分ける際に、急に左脳に切り替わる現象が起きて、集中できなかったんです。有機物と向き合うには、自分の頭の中も有機物のようにならないといけない。超感性的になっていないと描けません。

次に見せてくれたのは、方眼罫が白と黒で塗りつぶされたページ。

植原これ、何気に文字が描かれているんです。僕は方眼で文字を作ることが結構あるので、自分でルールを決めて描いてみたら、面白いグラフィックができてきて。楽しくなっちゃいました。

植原例えば、この『i』の文字。上の点が◇なのか□なのか、デザインとしては大きな違いです。それぞれの形に集中して見てみて、どちらが良いか考えてみる。黒だと強いから難しいけど、白だと優しい色合いなので、どちらかを集中して見てイメージするということができます。

次のページに描かれていたのは、白の線で描かれた「Beau(フランス語で「美しい」の意)」の文字。

植原これは今デザインしている仕事で使う文字の検討。例えば『B』の形の色々なバリエーションを白で描いてみました。その後、これだと思った形を黒で清書していく。文字の形を探るのには良いと思いましたね。

横で見ていた渡邉良重さんが「文字に限らず、ちょっと白で下書きをして、というのはあるかも」と見せてくれたのは、可愛らしい白熊のイラスト。白で描かれた白熊をベースに、ポイントで黒が使われています。

続けて見せてくれたページには、美しいレース柄が。

渡邉良重さん(以下、渡邉)白が描けるというのはいいですね。今まで白いものを表現したいときは、黒で描いてパソコンに取り込んで反転させていました。それが自分の手元で、最初から白で表現できてイメージできるというのは新鮮です。もちろん黒やグレーの画用紙に白で描く手段は今までもあったけど、日常的なノートにそれができるというのは新しいかもしれません。

渡邉さんが話す横で、ノートにランダムに線を引き続ける植原さん。

植原やっぱり描くっていう行為がいいですよね。パソコンだと効率的に作業できるので考えなくなっちゃうところがある。手描きだと、いちいちこれはどうかな?と考える。時間がかかる分、思考します。

渡邉私も手で描くことは多いですけど、手描きとパソコンでは表現が変わってくるので、作品ごとにどちらが向いているかなと考えて、使い分けています。

植原僕にとってはパソコンで描いているときは少し左脳が入ってくる。逆に、手描きはほとんど右脳の感覚で、余計なことを考えない。それはすごく幸せなこと。

最後に、白と黒で書くノートは、左脳と右脳どちらが働くか聞きました。

植原どうだろう。少し左脳的かなと思ったけど、今の線画は何も考えず引いていた。バランスだけ考えながら。たぶん人や使い方にもよる。こう使ってくれではなく、使いながら、その人なりの使いやすさを発見していくノートなんだと思いますよ。

検索結果:0
並び順
  • メールマガジン
  • FN-WorkstyleShop