【臨時休業のご案内】
  平素はコクヨショーケースをご利用いただきありがとうございます。
  誠に勝手ながら、10月15日 13:31〜17:30の間は、ショップメンテナンスのため臨時休業させていただきます。
  申し訳ございませんが、休業中は「ご購入」していただくことはできません。
  お客様にはご不便およびご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。


カテゴリー

営業日カレンダー
2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2021年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
カテゴリリスト
  • LINEで送る
HOW TO USE
“白と黒で書くノート”

コクヨデザインアワード2018で優秀賞を受賞し、2020年に商品化された「白と黒で書くノート」。灰色の紙に白と黒の文字を書く、ノートの新しい書き方や使い心地を提案し、大きな反響をいただいています。白と黒で書くという設定はありながらも、その分色々な使い方が考えられ、使い手に委ねる部分が多いノートです。今回はコクヨデザインアワードの審査員を務めるデザイナーやアーティストの皆さんに、自分だったらどのように使うか、試していただきました!

川村真司 「フラットな2色使いのポテンシャル」

川村真司
Whateverチーフクリエイティブオフィサー/共同創設者

BBH、180、Wieden & Kennedyといった世界のクリエイティブエージェンシーでクリエイティブディレクターを歴任した後、クリエイティブ・ラボPARTYを設立。そこでクリエイティブディレクターであると同時にPARTY NY及びTaipeiのCEOを兼任し全てのグローバルビジネスを担当した後、2019年新たなクリエイティブスタジオWhateverを設立し、チーフクリエイティブオフィサーに就任。数々のグローバルブランドのキャンペーン企画を始め、プロダクトデザイン、テレビ番組開発、ミュージックビデオの演出など活動は多岐に渡る。カンヌ広告祭をはじめとした世界の数々の賞を受賞し、アメリカの雑誌Creativityの「世界のクリエイター50人」やFast Company「ビジネス界で最もクリエイティブな100人」、AERA「日本を突破する100人」などにも選出されている。

「アイデア出しに使ってみました」。とノートを見せてくれた川村真司さん。そこには白と黒で描かれた、楽しそうなラフスケッチが。撮影をお願いすると、「これ見せちゃって大丈夫かな(笑)」と。リアルなアイデア出しに使ってくださっていました。

川村真司さん(以下、川村)ステキなプロダクトですよね。実際に使ってみると、正直なところ審査の時の印象よりずっと良いです。言葉でうまく説明できないんですが、描いたときの美しさや良いアイデアにまとめられた感が想像以上です。

黒ベースで白でハイライトやアンダーラインを入れたり、黒枠の中にコンテンツを白で表現したり、ノートに臨場感のある絵が広がっています。

川村打ち合わせでチームのメンバーに見せたら、どうでもいい内容でも、なんかアイデアがある感じに見えると言われました(笑)。白と黒によって独特なかっこいい世界観がつくれるのが効いているのかもしれません。

白と黒の使い分けのルールはありますか?

川村今はまだ試行錯誤の段階で、単純に見た目の美しさや、なんかカッコよく感じるので使いたくなっていますが、クリティカルに2色ないといけない、というところにはたどり着いていないです。もっと使い込むと、自分なりのルールが出てくるかもしれません。

デジタルクリエイティブの作品も多い川村さんですが、普段PCと手描きはどのように使い分けているのでしょうか。

川村半々ぐらいですかね。デジタルでのプレゼンが多いので、まとめるときの手間とかを考えるとPCやタブレットを使うことも多いのですが、アイデアを出すタイミングでは本来は紙と筆記具を使う方が好き。デジタルツールと比べて、ノートを使うときの何の気なしに自分の指を動かして、ペンが走ってインクが紙に乗って、みたいな無意識な思考フローの方が脳細胞を活性化するのにとって自然な気がするし、発想も膨らみやすいと思っています。

自然な思考という部分では、白と黒を切り替える行為は、発想を邪魔しませんか。

川村あまり気にしていなかったですが、どこを白に?何を黒に?と都度考えながら使うので、黒1色で書き殴っちゃう方が自然かもしれません。ただ、強調したいところやテンションを変えたいところをもう一つのレイヤーとして、情報を切り替えながら記述していくというのは、今まであまりやったことがなかったし、このノートだからできること。

白と黒の世界によるアウトプットの楽しさや美しさだけでなく、思考を整理する際の自分なりの境目が見つかると、よりこのノートの真価が発揮されそうです。

川村今まで2色の使い分けというと、黒い文字を赤ペンでマークして目立たせるとかはありましたけど、そういった使い方とは少し違う。モノトーンなので、よりフラットにレイヤー分けすることができます。そのあたりと自分なりの使いやすさが結びつくと、さらに新しいポテンシャルが広がるように思います。

検索結果:0
並び順
  • メールマガジン
  • FN-WorkstyleShop